☆ SIRAKABAの農作業日記☆

        オホーツクの自然豊かな田舎で、お百姓してます。日々の作業など、四季おりおりの風景を紹介いたします。

プロフィール

白樺

  • Author:白樺
  •  オホーツクの自然豊かな田舎で、お百姓してます。日々の作業など、四季おりおりの風景を紹介いたします
    合計ホスティング・レンタルサーバー

    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー


    私の飼っているペットのピックルです。旅行に旅立たせると着いたところから写真や情報をメールで送ってくれます。えさもあげることができますよ。

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールは、こちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスカントリー

2014y01m08d_193212097.jpg

今年7回目のスキーです。

スポンサーサイト

今日も雨模様

4月の27日午後から農作業が悪天候のため中止状態が続いていますが、今日もまた雨模様
何時に成ったら再開できるのでしょうね。平成25年は5月がなくなった感じです。

2013y05m15d_160835608.jpg

ビートのハウスの温度管理

今は毎日ビートの苗の管理にビニールハウスにつきっきりです。晴れるとハウスの中は25度以上に上昇し
風があって雲ると10度以下の冷たい風がハウスの中に入る始末で、油断ができません。今の時期は生育で一番大事な期間なので真剣です。DSC09253.jpg

温度管理

昨夜から今朝にかけて降雪が有ったものの日中は晴れたり曇ったり、ハウスの温度も急激に上がっり下がったりで、ぐちゃぐちゃなハウスの横を行ったりきたり、おかげで疲れた~万歩計も1万歩で~す。

CIMG8679.jpg

冬の楽しみ

今年のオホーツクは例年に無く厳しい寒さです。雪もほどほど降っていますが、晴天が続いています。
初めて3年目の歩くスキーも今年は少し頑張っています。それもコースつくりのスノーモービルが楽しくて!!!
今日は孫を乗せてのコース造りです。ちょっと寒いのですが、それでも孫たちは大喜び

1234_convert_20120212092747.jpg

123_convert_20120212091551.jpg


穏やかに2012年の幕開け

9885880_1474685571_41large.jpg
2012年美幌峠からのご来光です。お天気もよく屈斜路湖の雲海も幻想的で、新しい年に相応しい幕開けとなりました。今年こそ災害の無い平穏な年になって欲しい者と願っています。
皆さん、今年も宜しくお願い致します。

ビートの床土調整

連日好天の続く中、ビートの収穫を中断して、来年使用するビートの床土の調整作業を行いました。土・肥料・石灰・ピートモス等を機械で混ぜあわせ、土通し機にかけ、大きい土の塊などを砕きふるいます。
小春日和の中、孫たちも手伝ってくれました。
CIMG8030.jpg

2年生の妃菜乃も大人顔負けの仕事ぶりです。
CIMG8029.jpg

ビートの収穫作業開始

いよいよオホーツクもビートの収穫作業が開始されました。我が家も10月16日から開始、いまのところ、もうすぐ折り返し地点です。毎日のように降る雨に悩まされてきましたが、向こう1週間予報では、雨は無し一気に作業進めなければと思っています。
ビートの収穫作業

収穫の秋

9月に入っても、残暑が厳しい中馬鈴薯の収穫が始まりました。台風の影響があるため早目の収穫です。気温30度超えの中の収穫は、厳しいものがあります。
2日から台風の影響で、美幌でも100ミリを越えた地域もあり、今日は、圃場に入ることができません。
気温も30度を超えそうな蒸し暑い一日になりそうです。
CIMG7872.jpg

我が家のハビニールウスでは、ミニトマトが赤や黄色に色ずき甘味も一層強くなりました。手で採って食べると、甘~い
CIMG7876.jpg

秋蒔き小麦収穫終了

8月に入り高温が続き、秋蒔き小麦の収穫も、猛暑の中終了しました。期間中たいした降雨も無く順調にコンバインによる収穫が進みました。今日も、10時現在30度超え
これからどれだけ水銀柱があがることか?
我が家は、生麦出荷と自家乾燥機での乾燥とを行っていますが、今朝の1台出荷で全て完了です。

                          麦の収穫風景
CIMG7818_convert_20110810100113.jpg
                      
我が家の受け入れホッパーと乾燥機
CIMG7828_convert_20110810095644.jpg

野良芋抜き

近頃の温暖化のせいで、オホーツク地方も暖冬で、馬鈴薯を掘った時に、機械からもれて小芋が凍らずに越冬して翌年に野良芋として、ビート等の作物の畑に出てきます。何度切っても1週間ほどでまた生育するため、種芋を掘り起こしぬきとら無ければなりません。深いものは30センチほど掘る物も有ります。やっと種芋を見つけると、小指の先ほどの小さな芋、野良芋は強し
休憩時間に、圃場の隅で、腰をおろしていると
圃場の脇に、昔の自宅の跡に「ルピナス」昇り藤が咲いていました。此花は生命力が強く、昔はよく住宅の周りに植えていました。このルピナスが咲いている場所には、以前民家があったことを教えてくれます。

CIMG7573a.jpg

9885880_1194532501_179box.jpg



復旧作業

6月10日の豪雨と降雹以来、雨の多い6月、23~24日の60ミリの雨もあり、流された圃場も手が付けられない状態でしたが管理作業も始まるため、流された圃場の溝を埋めるべく復旧作業を開始しました。しかし作物が生育中でもあり、土砂を運び込むのもダンプカー等入れず軽トラで運搬して、手作業で溝埋め作業をしました。
昨日は、風もあったのですが、汗だくの作業で軽トラ20台の土の手降ろし腕も腰もくたくた~
やっと作業を終えて一安心ところが今朝4時突然の、30分ほどの時間ですが、かなり勢いがいい、昨日直した圃場が、また流されていないだろうな~とおもいつつ、キー叩いていますが、止んだら確認に行ってきま~す。

CIMG7572a.jpg


作業再開

先日の豪雨と降雹以来農作業は一週間ストップ、晴天の今日からいよいよ再開です。
農作業が大幅に遅れたこともあり、5年間管理作業機を操作していなかった私ですが、息子が馬鈴薯の管理作業していますので、少しでも手伝おうと思ってビートのカルチかけ、挑戦、ハンドルを握ると、昔とったきねずか、腕が覚えていましたね~。何なく9haこなしました~。

まずは、息子に機械の調節してもらって
CIMG7512.jpg

硬い圃場もいきいき
CIMG7510.jpg

丸瀬布の藤園と山彦の滝

天候不順で6月上旬に見ごろになる藤の花も今が5分咲き、丸瀬布の藤園もこれからが見ごろです。200本あまりの藤が数百メートルの藤棚で咲き誇っています。かぐわしい香りを放って見事に咲いていました。初めての見学でしたので感動ものでした。

その後滝を見るため市街地を離れ、いこいの森を過ぎ数キロ走り駐車場に着きました。それから200メートルあまり原生林の中を上り、山彦の滝に到着。大きな滝が姿を現しました。滝つぼに落ちる水しぶきを浴びながら、そのすごさに見行っていました。滝つぼから流れる水儀はでは岩に緑のコケが一面に生え、思わずシャッターを押しました。
帰り道「憩いの森で」走る蒸気機関車を撮って岐路につきました。

CIMG7438.jpg

CIMG7467.jpg

CIMG7493.jpg

CIMG7486.jpg

家庭菜園

このところのオホーツクは、豪雨・降雹と気候が悪いのですが、ビニールハウスでは、キウリ・ナス・ダイコン・ミズナ等々が元気に育ち毎日食卓に並ぶ自家野菜を、美味しくいただいています。ハウスに入ると目に付いたのがスイカです。もうバレーボールほどに大きくなり、食べるのが楽しみです。


寒い中の運動会


昨日町内の小学校で運動会が行われました。先日の豪雨でグランドコンデションが心配されましたが、
父兄や関係者の努力で、良い条件の下で開始されました。先日の高温がうそのような冷たい北風が吹き
最高気温が14度の寒い中、子供達は半そで姿で元気に競技をこなしていました。
反面応援する私たちは、冬の防寒服を着ての応援でした。でも子供達の競技には熱い声援をおくっていました。



小学校最後の運動会と成った6年生の「びほろ川くだり」

CIMG7425.jpg

カミナリ3日

10日に降雹と豪雨、乾いていた圃場も多い雨に冠水してしまいましたが
痛めつけられて作物にダメ押しの雨
かろうじて顔を出していたビートも土の中に埋もれてしまった。
10日に続いて、更に昨日降雹があった地域もあるとか
カミナリ3日とは、よく言われたもの、今日も予報を見ると不安定な気圧配置で
にわか雨の予報です
通算40ミリ近い雨を貰ったので、もういいよの気持ちが素直なところ
自然には勝てないけれど、あれだけ欲しいと願った雨なのですが。。。。

せめて、今日は孫達の運動会、暖かく静かな一日であって欲しいですね。

流された土砂で埋もれたビート
CIMG7413.jpg

流された土砂で埋もれた馬鈴薯
CIMG7419.jpg

 

降雹

10日午後からオホーツク圏の広い範囲で降雹がありました。被害状況は、現在調査中です。
早朝我が家の圃場を確認してきましたが、思ったより被害は少ないものの、部分的には土砂の流失や
流失した土砂で、ビートなどが流されてる場所も有りました。

拾い集めた雹
拾い集めた雹

3~4センチの雹
最大3センチの雹

流失した土砂に埋もれてビート
流失した土砂

土が流され根まで見えるビート
土砂が流失して根までむき出しのビート

今年多い飛散した松の花粉が、雨で流され潅水したビートに付着
松の花粉が豪雨で集まり、黄色くなっているビート

検診

このところ、歳のせいでしょうか健康が気にかかります。
先月の18日の人間ドック、昨日は脳ドック
そして今日は、胃カメラです。
夕べは、晩酌もひかえて、今朝は食事なしで、おなかすいてますが我慢
結果オーライなら我慢の甲斐がありますが。。。。。

冷え込んでいます

CIMG7335.jpg

CIMG7309.jpg
今年のオホーツクは、もう明日6月というのに最高気温が一桁、明日の最低気温がマイナス2度
どうなってるのでしょうね。楽しみの山菜も生育が遅れてて
でもわずかですが、頂きました。美味しいですね

凄まじい春の砂嵐

今年は、風が強く毎日吹いている感じがします。20日思いもよらぬ強風
早く治まっての祈りが通じたのか、午後からの雨で救われました。
             ビートの畑を襲う春の砂嵐

甜菜のポット詰め終了しました

13日から日始まったビートのポット詰め作業ですが、18日午前中で終了しました。お手伝い頂いた皆さんありがとう御座いました。これからは、水の撒布と温度管理が大事な仕事です。明日には、早い分の発芽も始まるでしょう。しばらくの間ハウスの温度管理に目が離せません。

          播種が終わって発芽をまつビート育苗ハウス
CIMG1930a.jpg


           孫達もハウスで遊んでいました
CIMG1935a.jpg

ビートポット詰め作業折返し点通過

我が家のビートポット詰めも、午前中で折返し地点を通過、いよいよ終盤に入ってきました。
今日は土曜日孫達も保育園から帰り、早々ハウスに、手伝うといって入ってきました。4歳と6歳ですが、土いじりが大好き、一生懸命お手伝いしてました???
               お手伝いする孫達
CIMG1924a.jpg

                50代最後のバースデイ
また今日15日は、私の50代最後の誕生日でした、皆さんから誕生祝いのメールや葉書を頂きました。
この歳になり、皆さんの心使いに涙涙です。ありがとう御座いました。まだまだこれから頑張らなければと想いを募らせた次第です。
夕食時に、ケーキにともるろうそく、太い5本と細いローソク9本、孫の大きなハッピバースデーおじいちゃんの合唱に目頭を熱くした自分でした。みんなありがとう!!!!!
CIMG1939.jpg

農作業開始

今日から、我が家では、甜菜(砂糖の原料)のポット詰め作業が始まりました。およそ1200冊ののポットに土をつめ種子を播きます。総勢7名で5日ほどかかります。
また今日13日は孫の妃菜乃の4歳の誕生日です。作業を終えた後家族で祝いました。
                   
                      甜菜のポット詰め作業
CIMG1915.jpg

4歳になった妃菜乃です
CIMG1918.jpg

風花クローズでした

今日、時間が出来、孫たちと網走の民族博物館に行ってきました。マンモスの模型が素晴らしくリアルで3万年前に戻った感じでしばし想像の世界に!!帰りがけに呼人でオープンしたケーキ屋さん「風花」さんでケーキをと立ち寄りましたが午後4時半すでに閉まってました。残念!!!
でも、リスの森で流氷アイスを食べその味に満足して帰ってきました。暇を見て「風花」のケーキ食べに行かなきゃ!!!!!!

                残念ながらクローズしてた風花

CIMG1900.jpg

               流氷アイスの美味しかったリスの森

CIMG1903.jpg


Copyright (C)         ☆ SIRAKABAの農作業日記☆. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。