☆ SIRAKABAの農作業日記☆

        オホーツクの自然豊かな田舎で、お百姓してます。日々の作業など、四季おりおりの風景を紹介いたします。

プロフィール

白樺

  • Author:白樺
  •  オホーツクの自然豊かな田舎で、お百姓してます。日々の作業など、四季おりおりの風景を紹介いたします
    合計ホスティング・レンタルサーバー

    今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー


    私の飼っているペットのピックルです。旅行に旅立たせると着いたところから写真や情報をメールで送ってくれます。えさもあげることができますよ。

QRコード

QR

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールは、こちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農作業開始

7日~8日にかけて猛威をふるった低気圧で各地に被害をもたらしました。我が家も多少の被害はあったものの、10日から馬鈴薯の収穫作業を再開しました。家族の雨で作業の遅れの話を聞いていたのか、孫も芋拾いを手伝ってくれました。芋を拾いながらの孫との会話は、作物の事、災害の事など、話しながらの、いい時間が持てました。

孫との芋拾いの一コマです。
CIMG7216.jpg


CIMG7215.jpg

スポンサーサイト

猛威をふるった低気圧

10月7日から8日にかけて、オホーツクを襲った低気圧、2日間連続の降雨と強風、今までの経験の無い200ミリ近くの降雨量、結果として、ひどい被害は無かったものの、自然の驚異を目のあたりにした2日間でした、美幌川の水位の上昇も気かかっていましたが、最悪の事態は回避され、安堵している所です。高台に住んでいる我が家では、想像していませんでしたが、今回の避難勧告真っ只中にいた息子夫婦の住宅に車で出向き、電化製品等浸水に備え、2階など、高い位置へ移動させ早々非難、道にあふれる水を避けながら街中を脱出、美幌川の増水を横目にやっと我が家に到着しました。自然、水の恐ろしさを実感した2日間でした。

増水中の美幌川
増水中の美幌川

甜菜堆積土場の浸食
甜菜堆積土場の浸食

ある地域の圃場も水没
ある地域の圃場も水の中



Copyright (C)         ☆ SIRAKABAの農作業日記☆. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。